FC2ブログ

山岸春季大祭




四月に入り、寒い日が続きましたが、やっと寺前の桜も満開になり、春が感じられるようになりました。
昨日は村の春季大祭でした。獅子舞がでてとても賑やかな一日でした。これから春本番になり、山の整理や竹の子掘りなど忙しくなります。
スポンサーサイト

ネッツ・トヨタ新人研修






4月2〜4日の2拍3日で毎年恒例になっていますネッツ・トヨタの新人研修が当寺で行われ、4月に雪が降るのは13年ぶりだそうで今年は寒い新人研修になりました。音をたててはならない食事、寒い中の掃除、坐禅、写経など寺の生活は慣れないことばかりで大変だったかと思います。しかしこの研修で学んだことをぜひ、今後の人生に役立ててもらいたいです。2泊3日、お疲れさまでした。合掌

11年目の命日





今日は先住大耕和尚の11年目の祥月命日です。
お墓をキレイに掃除して花を御供えして蝋燭を点け、線香を焚いてお経を読みました。11年たってもまだまだ住職としては未熟者で、先住大耕和尚の足元にも及びません。これからももっと精進して立派な住職になろうと毎年、決意しております。
また今日は寺で飼っていた猫、マイコが亡くなりました。16歳でした。この猫は先住大耕和尚が亡くなった年に寺に現れ、とても愛想の良い猫で江雲庵の看板猫でもありました。いなくなってしまうと少し寂しくなります。ゆっくり休んで、今度は人間に生まれ変わって江雲庵の看板娘になりにきてください。合掌

涅槃會法要





今日は朝、霜がおりて寒い日になり、天候も雨が降ったり、陽がでたりと不安定でした。
2月15日はお釈迦さまがお亡くなりになられた日ですが当庵は1ヶ月、遅れて行っています。
お釈迦さまが臨終される場面を描いた涅槃像を正面にかけて15日に作った涅槃団子を御供えし、仏遺教経(お釈迦さまが説かれた最後の教え)を読経してお釈迦さまの死をお偲びしました。
読経のあと、住職の私が拙い話をさせていただき、御供えした涅槃団子をお参りしてくださった皆さまにお撒きしました。
たくさんの方々のおかげで無事に行事を勤めることが出来ました。ありがとうございました。合掌
 

涅槃団子作り





今日は朝からいい天気になり、暖かい日になりました。そんな中、3月17日の涅槃会にお釈迦さまに御供えする涅槃団子を作りました。檀家さまをはじめ、村の人、信徒さま、総勢30名の方々が作りに来てくださいました。
こねる人、まるめる人、蒸す人、干す人にわかれて一生懸命に作ってくださいました。おかげさまで立派な涅槃団子が出来上がりました。ありがとうございました。合掌

涅槃団子作り

今日は朝からいい天気になり、暖かい日になりました。そんな中、3月17日の涅槃会にお釈迦さまに御供えする涅槃団子を作りました。檀家さまをはじめ、村の人、信徒さま、総勢30名の方々が作りに来てくださいました。
こねる人、まるめる人、蒸す人、干す人にわかれて一生懸命に作ってくださいました。おかげさまで立派な涅槃団子が出来上がりました。ありがとうございました。合掌

大般若祈祷会




毎年1月1日から3日間は本山の国泰寺で大般若祈祷会が行われます。
六百巻の経本を転読して一年間の無病息災、世界平和、五穀豊穣を願います。合わせて般若札も祈祷して檀信徒の皆様にお配りを致します。
三日間、しっかりとお経を一心に読み、ご祈祷致します。合掌

あけましておめでとうございます。







新年、あけましておめでとうございます。今年の元旦は穏やかな天候の年明けになりました。
大晦日はたくさんの方々が大鐘をつきに来てくださいました。無事に108つをついて新しい年を迎える事が出来ました。本年もよろしくお願いします。合掌

餅つき









今日は餅つきを行いました。大人 、子供合わせて40名が参加して楽しく賑やかに行いました。

お正月準備





あと4日程で新しい年を迎えます。お正月準備も着々と進んでいます。
門松も江雲庵有志のおじさまたちが頑張って作って下さいました。
般若札も判子を心を込めて押し、内札を中に納め、丁寧に折り、金帯をまいて100枚仕上げました。

«  | HOME |  »

管理者用 |  RSS |  全記事リストを表示 |

過去ログ
 | 2019年04月(2) | 
 | 2019年03月(4) | 
 | 2019年01月(2) | 
 | 2018年12月(4) | 
 | 2018年11月(4) | 
 | 2018年09月(1) | 
 | 2018年08月(4) | 
 | 2018年07月(1) | 
 | 2018年06月(1) | 
 | 2018年05月(1) | 
 | 2018年04月(2) | 
 | 2017年07月(1) | 
 | 2017年04月(2) | 
 | 2017年03月(2) | 
 | 2016年08月(1) | 
 | 2016年07月(1) | 
 | 2016年06月(1) | 
 | 2016年04月(2) | 
 | 2016年03月(2) | 
 | 2016年01月(1) | 
 | 2015年12月(9) | 
 | 2015年10月(2) | 
 | 2015年08月(2) | 
 | 2015年07月(2) | 
 | 2015年06月(2) | 
 | 2015年05月(2) | 
 | 2015年04月(1) | 
 | 2015年03月(2) | 
 | 2015年01月(5) | 
 | 2014年12月(12) | 
 | 2014年11月(1) | 
 | 2014年10月(1) | 
 | 2014年08月(5) | 
 | 2014年07月(1) | 
 | 2014年06月(2) | 
 | 2014年05月(4) | 
 | 2014年04月(2) | 
 | 2014年03月(3) | 
 | 2014年02月(2) | 
 | 2014年01月(2) | 
 | 2013年12月(2) | 
 | 2013年11月(2) | 
 | 2013年10月(4) | 
 | 2013年09月(1) | 
 | 2013年08月(3) | 
 | 2013年07月(2) | 
 | 2013年06月(1) | 
 | 2013年05月(3) | 
 | 2013年04月(3) | 
 | 2013年03月(3) | 
 | 2013年01月(4) | 
 | 2012年12月(2) | 
 | 2012年11月(3) | 
 | 2012年10月(4) | 
 | 2012年09月(1) | 
 | 2012年08月(5) | 
 | 2012年07月(8) | 
 | 2012年06月(10) | 
 | 2012年05月(10) | 
 | 2012年04月(5) | 
 | 2012年03月(4) | 
 | 2012年02月(1) | 
 | 2012年01月(4) | 
 | 2011年12月(4) | 
 | 2011年11月(3) | 
 | 2011年10月(4) | 
 | 2011年09月(2) | 
 | 2011年08月(5) | 
 | 2011年07月(5) | 
 | 2011年06月(5) | 
 | 2011年05月(3) | 
 | 2011年04月(4) | 
 | 2011年03月(4) | 
 | 2011年02月(2) | 
 | 2011年01月(4) | 
 | 2010年12月(4) | 
 | 2010年11月(7) | 
 | 2010年10月(4) | 
 | 2010年09月(12) | 
 | 2010年08月(4) | 
 | 2010年07月(3) | 
 | 2010年06月(4) | 
 | 2010年05月(2) | 
 | 2010年04月(5) | 
 | 2010年03月(5) | 
 | 2010年02月(4) | 
 | 2010年01月(7) | 
 | 2009年12月(6) | 
 | 2009年11月(7) | 
 | 2009年10月(8) | 
 | 2009年09月(8) | 
 | 2009年08月(12) | 
 | 2009年07月(6) | 
 | 2009年06月(4) | 
 | 2009年05月(2) | 
 | 2009年04月(5) | 
 | 2009年03月(6) | 
 | 2009年02月(4) | 
 | 2009年01月(4) | 
 | 2008年12月(5) | 
 | 2008年11月(2) | 
 | 2008年10月(3) | 
 | 2008年09月(3) | 
 | 2008年08月(8) | 
 | 2008年07月(4) | 
 | 2008年06月(3) | 
 | 2008年05月(4) | 
 | 2008年04月(5) | 
 | 2008年03月(4) | 
 | 2008年02月(4) | 
 | 2008年01月(5) | 
 | 2007年12月(6) | 
 | 2007年11月(3) | 
 | 2007年10月(6) | 
 | 2007年09月(3) | 
 | 2007年08月(6) | 
 | 2007年07月(5) | 
 | 2007年06月(6) | 
 | 2007年05月(5) | 
 | 2007年04月(10) | 
 | 2007年03月(5) | 
 | 2007年02月(3) | 
 | 2007年01月(6) | 
 | 2006年12月(3) | 
 | 2006年11月(2) | 
 | 2006年10月(3) | 
カテゴリー
未分類[486]