FC2ブログ

成道会




今日は時々、あられも降り、寒い1日になりました。
いつもの12月1日から8日までの臘八大接心は本山の国泰寺に坐わりに行くのですが今年は自坊で「独坐」の掛軸を床の間に掛けて坐禅を致しました。今年も1週間、無事に坐われたことは本当にありがたいことです。
8日はお釈迦様がお悟りをひらかれたことを記念して行われる行事です。
無事に本山の国泰寺で成道会が執り行われました。
スポンサーサイト

雪囲い






今日は秋晴れの良い天気になりました。前庭の紅葉も色鮮やかに色づいています。毎年、この時期になりますと冬支度をしなくてはなりません。雪が降ろうが降らまいがやらなくてはいけません。今日は檀家の森務さんと田政二さんと道具欣二さんと寺の補修工事をよくしてくださる大工さんの高辻英三さんが雪囲いと雪吊りのお手伝いをしてくださいました。おかげさまで雪囲いのほうは無事に終わりました。庭木の雪吊りはやわやわやります。

開山毎歳忌法要




11月17日は朝、少し雨が降り、少し肌寒い日になりました。雨も昼過ぎにはやんで穏やかな天気になりました。
17日は江雲庵開山様の562回忌の法要を本山国泰寺管長猊下、御導師のもと勤めさせていただきました。
近隣の和尚様をはじめ、岐阜から長兄の真福寺、弟の氷見の宝光寺も加担(手伝い)に来てくれ、檀信徒、村のの皆様もお参りくださり、おかげさまで無事に法要を勤める事が出来ました。ありがとうございました。合掌

開山毎歳忌法要

11月17日は朝、少し雨が降り、少し肌寒い日になりました。雨も昼過ぎにはやんで穏やかな天気になりました。
17日は江雲庵開山様の562回忌の法要を本山国泰寺管長猊下、御導師のもと勤めさせていただきました。
近隣の和尚様をはじめ、岐阜から長兄の真福寺、弟の氷見の宝光寺も加担(手伝い)に来てくれ、檀信徒、村のの皆様もお参りくださり、おかげさまで無事に法要を勤める事が出来ました。ありがとうございました。合掌

日中書道交流会・中国書画名家巡回展








今日は当寺の蒼龍館道場で日中書道交流会が行われました。
はじめに国泰寺妙音会の尺八の音色と般若心経を読経し、会の成功をお祈り致しました。
書道は中国大陸から朝鮮半島を経て日本列島に伝えられ、世界で発展した貴重な宝です。
今年は日中友好条約締結40周年にあたり、高岡地区の書家の皆さんの協力を得て、日中の書道交流と書道展が実現しました。
日中の書家や愛好家にとっては、互いの書を通して心の交流を図り、相互に影響し合う貴重な機会になりました。合掌

ボーイスカウト坐禅体験

昨日は高岡市のボーイスカウトの子供たちが坐禅体験を行いました。
子供たちは最初、不安そうな顔でしたが、坐禅を体験したあとは不安もなくなりすっきりした顔で下山していきました。

蝨ー阡オ逶?






今日は村の地蔵盆でした。
村の子供たちが村中を回りお地蔵さんを集め、綺麗に洗い、雛壇にお祀りして、花や野菜、お菓子などをお供えをしました。夜7時から村の人たちが集まり、読経して、お地蔵さんに感謝の祈りを捧げました。合掌
 
寺の中庭にあるお地蔵さんもすべて洗い、前掛けと帽子を新調しました。

西日本豪雨災害義援托鉢


今日は湿度が高く蒸し暑い日になりました。
今年は異常気象で台風や豪雨などで日本各地で被害が出ています。被害にあわれた方々にはお見舞い申し上げます。
今日は少しでもお力になればと思い、国泰寺派の青年僧と妙音会の虚無僧で西日本豪雨災害義援托鉢を行いました。約2時間程の托鉢でしたが約7万円の義援金が集まりました。
青年僧、虚無僧の皆さん、お疲れさまでした。合掌

譁ス鬢馴ャシ豕戊ヲ=




8月17日は当庵の施餓鬼法要を行いました。今年は例年とちがい爽やかな日になり、汗をかくことなくお経をあげることが出来ました。これもご先祖さま、精霊さまのおかげとともに、お参りくださった皆さまの日頃の行いが良いからだと思います。
お参りに来られたご先祖さまをはじめ、一切の精霊さまをご供養し、繁栄とご多幸を祈願させていただきました。合掌

草刈り・清掃




今日は眩しい日差しはひと休みで雲がでて、少し涼しく過ごせました。
そんな中、お盆にむけて、墓地と境内の草刈りと清掃が行われました。檀家さんと村の人たち約30人が一生懸命に草刈りと清掃を行ってくださいました。おかげさまで墓地も境内も綺麗になりました。ありがとうございました。

«  | HOME |  »

管理者用 |  RSS |  全記事リストを表示 |

過去ログ
 | 2018年12月(1) | 
 | 2018年11月(4) | 
 | 2018年09月(1) | 
 | 2018年08月(4) | 
 | 2018年07月(1) | 
 | 2018年06月(1) | 
 | 2018年05月(1) | 
 | 2018年04月(2) | 
 | 2017年07月(1) | 
 | 2017年04月(2) | 
 | 2017年03月(2) | 
 | 2016年08月(1) | 
 | 2016年07月(1) | 
 | 2016年06月(1) | 
 | 2016年04月(2) | 
 | 2016年03月(2) | 
 | 2016年01月(1) | 
 | 2015年12月(9) | 
 | 2015年10月(2) | 
 | 2015年08月(2) | 
 | 2015年07月(2) | 
 | 2015年06月(2) | 
 | 2015年05月(2) | 
 | 2015年04月(1) | 
 | 2015年03月(2) | 
 | 2015年01月(5) | 
 | 2014年12月(12) | 
 | 2014年11月(1) | 
 | 2014年10月(1) | 
 | 2014年08月(5) | 
 | 2014年07月(1) | 
 | 2014年06月(2) | 
 | 2014年05月(4) | 
 | 2014年04月(2) | 
 | 2014年03月(3) | 
 | 2014年02月(2) | 
 | 2014年01月(2) | 
 | 2013年12月(2) | 
 | 2013年11月(2) | 
 | 2013年10月(4) | 
 | 2013年09月(1) | 
 | 2013年08月(3) | 
 | 2013年07月(2) | 
 | 2013年06月(1) | 
 | 2013年05月(3) | 
 | 2013年04月(3) | 
 | 2013年03月(3) | 
 | 2013年01月(4) | 
 | 2012年12月(2) | 
 | 2012年11月(3) | 
 | 2012年10月(4) | 
 | 2012年09月(1) | 
 | 2012年08月(5) | 
 | 2012年07月(8) | 
 | 2012年06月(10) | 
 | 2012年05月(10) | 
 | 2012年04月(5) | 
 | 2012年03月(4) | 
 | 2012年02月(1) | 
 | 2012年01月(4) | 
 | 2011年12月(4) | 
 | 2011年11月(3) | 
 | 2011年10月(4) | 
 | 2011年09月(2) | 
 | 2011年08月(5) | 
 | 2011年07月(5) | 
 | 2011年06月(5) | 
 | 2011年05月(3) | 
 | 2011年04月(4) | 
 | 2011年03月(4) | 
 | 2011年02月(2) | 
 | 2011年01月(4) | 
 | 2010年12月(4) | 
 | 2010年11月(7) | 
 | 2010年10月(4) | 
 | 2010年09月(12) | 
 | 2010年08月(4) | 
 | 2010年07月(3) | 
 | 2010年06月(4) | 
 | 2010年05月(2) | 
 | 2010年04月(5) | 
 | 2010年03月(5) | 
 | 2010年02月(4) | 
 | 2010年01月(7) | 
 | 2009年12月(6) | 
 | 2009年11月(7) | 
 | 2009年10月(8) | 
 | 2009年09月(8) | 
 | 2009年08月(12) | 
 | 2009年07月(6) | 
 | 2009年06月(4) | 
 | 2009年05月(2) | 
 | 2009年04月(5) | 
 | 2009年03月(6) | 
 | 2009年02月(4) | 
 | 2009年01月(4) | 
 | 2008年12月(5) | 
 | 2008年11月(2) | 
 | 2008年10月(3) | 
 | 2008年09月(3) | 
 | 2008年08月(8) | 
 | 2008年07月(4) | 
 | 2008年06月(3) | 
 | 2008年05月(4) | 
 | 2008年04月(5) | 
 | 2008年03月(4) | 
 | 2008年02月(4) | 
 | 2008年01月(5) | 
 | 2007年12月(6) | 
 | 2007年11月(3) | 
 | 2007年10月(6) | 
 | 2007年09月(3) | 
 | 2007年08月(6) | 
 | 2007年07月(5) | 
 | 2007年06月(6) | 
 | 2007年05月(5) | 
 | 2007年04月(10) | 
 | 2007年03月(5) | 
 | 2007年02月(3) | 
 | 2007年01月(6) | 
 | 2006年12月(3) | 
 | 2006年11月(2) | 
 | 2006年10月(3) | 
カテゴリー
未分類[475]